パソコンの画面を見ている男女

種類もある

入力

貸しおしぼりの歴史について

貸しおしぼりは喫茶店に行くと、必ず最初にお水と一緒にテーブルに運ばれるものでした。そして、お客さんはお水を口にして、おしぼりで手や顔をふくといったものが普通だったのです。 貸しおしぼりはとても魅力的なものでした。種類もいくつかあり、とても豪華な感じの分厚いタイプの貸しおしぼりもありましたし、薄目の貸しおしぼりもあったのです。 そして、喫茶店やその他の飲食店でも支出を抑えるために最初に行った手段として、貸しおしぼりをなくて、紙おしぼりにするようなところも増えてきたのです。 このような感じで貸しおしぼり業界もかなり苦戦を強いられているのですが、それでも喫茶店で高級店、さらに飲食店での高級店等では、まだまだ利用しているのが現状です。

今後の貸おしぼり利用について

今もすでに喫茶店とかその他の飲食店では、貸しおしぼりを利用していたけれども、紙のおしぼりに変えたところも多いです。 このようなお店は、当然、貸しおしぼりから紙のおしぼりにした方がコスト削減につながるので、そういった形にしたわけです。 では、今後は貸おしぼりはどうなるかというと、やはり、それなりに高級なお店であれば、貸おしぼりは外せないところです。このおしぼりが紙のおしぼりになると、かなりレベルが下がってみえる可能性がありますので、ある程度の高級店であれば、貸おしぼりを利用していくことでしょう。 また、貸おしぼりは品質は素晴らしいので、あとは価格です。これがもう少し下がれば利用する喫茶店などは増えていく可能性はあると言えるでしょう。